彼岸花を見に、半田市の「ごんの秋まつり」へ子連れで見てきました

スポンサーリンク

明日から9月の2回目の3連休が始まります!

道を走っていると、時々彼岸花が咲いています。

彼岸花といえば愛知県では、半田市が有名スポットです。

ということで、今が見ごろの彼岸花を子連れで見に行ってきました。

9月20日から、お祭りが開催されています。

半田市彼岸花の詳細

場所:新美南吉記念館周辺

ごんの秋まつり期間:平成30年9月20日〜10月4日

駐車場:臨時駐車場あり(1日500円)

地図

 

公式HPはこちら[/btn]

 

駐車場情報

新美南吉資料館に駐車場はありますが、土日祝日は利用できません。

また、雨の日の平日に行きましたが、すでに満車でした。

臨時駐車場は500円かかります。

いくつか臨時駐車場はありましたが、このお店の駐車場に停めました。

新美南吉資料館

半田市は、「ごんぎつね」で有名な童話、新美南吉の故郷なのです。それにちなんだ資料館などがあります。

入館料:高校生以上で210円

資料館の周りは「童話の森」という綺麗な芝生の公園があります。

童話の森

芝生の綺麗な公園です。晴れていれば、子供が走り回ることができます。

ここでお弁当を食べるなどしても気分が良さそうです。

彼岸花の実際

河川敷に咲いています。

その本数は、300万本ともいわれ、圧巻の景色です。真っ赤な絨毯のようです。

天気はあいにくの雨でしたが、雨つゆが花に付いて、いい写真が取れました。

河川敷の足元は砂利ですので、まあまあ水はけも良かったです。

ごんの秋まつり

2018年9月20日から、彼岸花の開花にちなんだお祭りが開催されています。

お弁当やパン、地元の農作物などが販売されていました。

パン屋さんが美味しそうだったので、こちらのパンを購入しました。

知多牛ハンバーガーです。お肉はしっかりと厚みがあってジューシーでした。ただ、冷たいのが残念でした。やっぱりハンバーガーは温かい物が食べたいです。

いちじくのメロンパンが有名、ということでこちらも食べてみました。外はメロンパンのようにサクサク、中にいちじくのジャムが入って美味しかったです。2歳の娘もよく食べていました。

屋根付きの休憩所もあり、そこで食べることができました。

それにしても、この会場の足場が悪いです!ゴザやビニールシートを敷いて対応してくださっていますが、確実に足は濡れます。

ぐずぐずです。

長靴を履くのがベストです!雨が降っていたらカッパもあると良いです。

 

ダンナ・ハンの長靴はこれ。コンパクトになるので、車に積んだりできます。そして歩きやすい!

釣りにも便利!ということで3年くらい愛用しています。

サンダルで行った娘は、足がドロドロになりました。替えの靴や足を拭くものがあるといいですね!

子連れではどうか

子連れでも行けますが、天気が悪いときは足が汚れたり、濡れたりするので、長靴やカッパ、着替えがあると安心です。

 

カッパは、ポンチョではなく、上記のような袖がしっかりあるタイプがいいですよ。

 

赤ちゃんだったら、ベビーカーはオススメしません。抱っこ紐がベストです。

 

我が家の抱っこ紐です。

オムツ交換所

トイレは、上記にあった「新美南吉資料館」の公園にあります。ただし、オムツ交換所は見当たりませんでした。オムツ交換を済ませてからお出かけすることをお勧めします。

まとめ

半田市の彼岸花が見られる、「ごんの秋祭り」は、今しか見ることのできない、素晴らしい満開の彼岸花を見ることができます。

真っ赤に染まった河川敷を見ると心が癒されます。

彼岸花を見て、秋を感じて行くのはいかがでしょうか?

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。