スポンサーリンク

先日、伊勢に行く用事があったため、ついでに家族旅行を兼ねて忍者キングダムへ行ってきました。

伊勢忍者キングダムとは安土桃山文化村

キングダムって、漫画の?今度映画になるやつ?と思ってしまうのは私だけでしょうか。キングダムってそもそも王国って意味ですから、忍者の王国ということなんでしょうね。

ちなみに、この施設はよく名前が変わっているそうです。

  • 伊勢戦国時代村
  • 伊勢・安土桃山文化村
  • 伊勢安土桃山城下街

と、今回の忍者キングダムで4回目なんでしょうかね。2017年に改名したそうです。

どちらにしても、戦国時代、安土桃山時代を舞台にしたテーマパークです。

 

入園料が高い

入園料は、入国手形と通行手形と、食事付き、お風呂付きの券があります。

入国てがたは、ほぼ入園料のみなんですが、3600円。通行手形は4900円。通行手形はほぼパスポート、しかも衣装貸し出し、お風呂の入湯料込みです。

子供は小学生からかかるので、未就学児は無料です。

それにしても、入園料だけで3600円は高い気がしてしまいました。一応忍者ショーは見られますが、館内にあるショーは有料ですし、安土城を見るのにも別途お金がかかりました。

どうせ行くのならパスポート(通行手形)のほうがいいかなと。

子連れなら小学生以上で

子連れなら、断然小学生以上がおススメです!トイレは和式ばっかりだったり、ベビーカーでは行けないところがあったりします。

おむつ交換台もトイレごとにはありませんので。

安土城の中には、当時の戦をモチーフにしたような展示物があるので、音や暗さに2歳児のこどもはこわがっていました。

貸衣装のサイズも、2歳のこどものサイズはありませんでした。

小学生以上になると、アスレチックもできるのでおススメです。

未就学児連れの家族で行くなら、親が歴史大好き!忍者大好き!って人なら楽しめます。子供メインなら鳥羽水族館のほうがいいかと。

ランチブッフェおすすめ

忍者のレンタルしているところにはお風呂とレストランがあります。

このブッフェがめちゃおすすめです!

テーマパーク内にあるブッフェで2200円です。値段もそこまで高くないし、全然期待していなかったのですが、めちゃおいしかったです。

それに焼きガキや蟹も食べ放題に含まれており、料理の種類も多く、味もとてもよかったです。もっとお客さんが入っても良いのになという感じでした。

 

忍者ショー

春休みイベント、ということで無料で屋外の忍者ショーを行なっていました。

アクロバットな忍者ショーとちょっとクスッと笑えるギャグもありでとても面白かったです。2歳の子も飽きずに見ることができていました。春休みしか開催していないのが残念ですが、忍者キングダムに来たらぜひ観ると良いです。

入国手形で見られる施設

  • 忍者修行砦
  • 忍者資料館
  • 幽玄の美刀剣館
  • 日本刀鍛錬所
  • 忍者まなび処

以上です。ほとんど、資料館的なところが多いです。体験がもっとしたい!なら別途お金がかかる施設が多いため、通行手形(パスポート)がおススメです。ただ、我が家は時間もそれほどなく、小さい子供2人連れだったので、入国手形で十分でした。

安土城

この忍者キングダムに来たら絶対見たい!と思ったのがこの安土城です。今後ここはホテルになるため、今しか見られない?!という噂を聞いたからです。

ネットの情報ですが、この天守閣に宿泊するのに、1泊500万円になる予定らしいです!

誰がそんな高いところ泊まるんだ!という感じです。

安土城は織田信長が建設し、今はもう現存しない城なのですが、歴史に忠実に原寸大で再現したそうです。

高さは大阪城よりも高いそうです。

天守閣は金ピカです!

信長の歴史について学ぶことができます。

安土城の外に出て三重県を眺望を楽しめます。

園内にあるシャトルバスに乗って行きます。展望台からはとても良い景色が見られます。ガイドもされていました。

子連れおすすめプラン

親が歴史大好き!という方は子供が何歳でもたのしめます。ベビーカーはちょっと不便ですが、でも広い敷地ずっとだっこも大変なのであってもいいです。

せっかくなら、パスポートを購入し、貸衣装を借りて楽しんだ方が良いです。

小学生以上なら、ぜひアスレチックを親子でやればなお楽しいでしょう。

小学生未満なら、忍者ショーや、観るタイプのアトラクションもたくさんあるので、たくさんショーを見て楽しむと良いです。

我が家のおすすめ子連れグッズ

ママ割メンバーエントリーでポイント5倍 送料無料 J is for Jeep ジープ スポーツリミテッド ブラック ティーレックス T-rex ベビーカー・バギー B型ベビーカー

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。