今日のあたりはこれか・・・!狙ってとるシーバス・チヌ。

スポンサーリンク

条件が整ったので、仕事が終わってすぐに駆けつける。

やはり、日中は人が多いものの夕まずめが終わると一気に人がいなくなる。このタイミングを待っていたんだ…!

やはりルアーマンとエサ師は相性が悪いですからね。お互い嫌な気持ちにならないためにも、この時間の、このタイミングでここに入りたかったわけです。

まずは、石畳のあるここから調査

やはりゴロタにおチビちゃんが溜まっています〜。

トラウトタックルの超ちびちびでも引きを楽しめる竿で、入りたいポイントがあくのを待つ。

ぶっ飛ばしてー!

ちょんちょん!

やはり、ダートさせると容易に釣れるわ!うはは!

反射で食べさすとなると、適度なやわさ、プニプニさを持つワームが必須。

もうこいつは絶対、必須である。

 

荒れているかと思ったけど、まださほど。

潮通しが悪いところも、時期が一致すると魚が溜まっていて爆発するもんなんですが、今日はいない。

ここがちょうどやり易いんだよなぁ、潮通しがいい方がいいと思うんですが、近所のベテランさんが集まっていたのでいた仕方ない。

入念にボトムチェックをし、かつ、根魚をも狙う無敵タックルでまずはパターンを見つける。

ボトムを探るなら、もうベイトタックルが最高。

そりゃ、スピニングに比べれば飛距離は落ちるけども、よくよく考えると飛距離が必要な場面って、少ない。

やはり、情報を多く得られる感度が最優先。

・・

無くなっても痛くない、こいつでパイロットしてもらう

おりゃー!

反応なしと。

ボトムは水草が入っているだけで、この辺りに根はほぼない。

ゼロリグなら余裕の回避。

ならば!

潮の速さによって重さを分ける。

絶対の回避能力を持ちつつも、集魚力もある、これで!

なぜ・・・!釣れぬ。

と、休憩がてらエビを探して見たりして遊んでいると、

海老の捕食シーンを見つける。

 

 

 

 

 

 

水草近辺に

ぶっ飛ばしてー!

 

エビを意識したアクションでー!

 

テンションフォール中にドンっ!

45cmのシーバスでした。

え?

写真?

タモ入れ失敗して逃がしちゃったんだよ!

リベンジが必要ですなぁ。

ヒットルアーはこちら

まぁ、釣れる程度の認識でしたが、重心がお尻にあってフォール姿勢が無茶苦茶いい。

水深がある程度ある場所なら、エビパターンでこれは釣れる。

が、シングルフックのためバラシが多くなるのが難点。

この日は

7gでした。

今日のルアーズ

 

 

 

 

ダートゲームなら必須。絶対釣れるから、何でもいいから釣りたいときは使ってみて。

 

ボトムをズル引くだけで黒鯛から根魚まで何でも寄せてくれる。絶大な信頼を持つルアー。
5g、7g、10g が有ればどんな場所でも大体どうにかなる。

 

今日のあたりルアー。水深がある時の跳ね上げ動きで爆発することも。シングルフックでフッキング甘くなりがちなのが弱点。

こんなタックル使ってます

 

感度を取るなら絶対ベイトリール。軽量ルアーを投げれるベイトリールは数機しかない。パーミングしやすく、巻き心地も最高です。

 

曲げて取る!魚に違和感を与えず、主導権を握れる。これいいよ。

 

整理に必須。ランガンするのに、これだけはないと不便。一目瞭然でルアーを取り出しができる。

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。