夏は皮付きヤングコーンを食べよう!超簡単な皮付きヤングコーンの食べ方

スポンサーリンク

こんにちわ。雨の日が続き、蒸し暑い日が続きますね。夏はとうもろこしが美味しい季節です。なぜか娘はトウモロコシを、トウコロモシと言います。トウモロコシが大好きなので、スーパーに行って買おうと思ったら、まあま高い、そして近くに並んでいるヤングコーンが安いじゃあないですか!ヤングコーンって、野菜の付け合わせとか、お洒落なバーニャカウダとかに添えてあるイメージ。料理したことないなー。でも安いし、これで調理簡単ならいいなと。

そしたら売り場に食べ方が書いてあったので調理してみました。

ヤングコーンに食べ方

それでは、我が家で作った超超!簡単なヤングコーンの食べ方をご紹介します。

用意するもの

  • ヤングコーン
  • 魚のグリル
  • 味付けの塩、オリーブオイル

調理方法

ヤングコーンの皮を1枚向いて、魚焼きグリルで焼く。5〜7割ほど、皮が焦げたら完成

こんな感じで皮が焦げました。

食べ方

皮をむきます。焼きたては熱々なので、気をつけましょう!

黄色い身が見られます。皮とひげを取りました。

仕上げに、塩とオリーブオイルをかけて食べる。

 

めちゃめちゃ簡単です!包丁もいりません。しかもこれなら、魚焼きグリルも汚れないので、洗わなくて済みました(笑)他の料理している間にできます。

味は?

肝心な味は、美味しいです!でも、トウモロコシよりは甘みが少ないです。なので、塩とオリーブオイルがちょうどいい塩梅!それに、トウモロコシのように皮が歯にはさがらない!全然メインにはならないけど、「もう一品ほしい!」というときには最適です。

ヤングコーンキャンプではどうか?

アリ!だと思います。お肉焼いてるスミで焼いて、お酒のおつまみにも、こどものおやつにも!

手でつまんで食べやすいし、芯まで食べられます。

ヤングコーンは、普段は輸入品が主なんですが、5〜7月の旬の時期だけ、国産のものが皮付きで市場に出されるそうです。

皮つきのヤングコーンなんて、夏でしかスーパーで見かけないので、ぜひ美味しいヤングコーンを簡単に食べましょう!



↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。