与論島 プリシアリゾートヨロンの朝ごはん※写真多数

スポンサーリンク

与論島旅行に当たり、プリシアリゾートヨロンに泊まりました。

与論島ではコンビには見かけません。また、すぐ近くには食事をするといった場所はありません。まして朝の忙しい時間帯に足を伸ばすのも大変です。旅行するなら「朝食付き」プランがお勧めです。

今回も、朝食付きでホテルを取りましたが、子連れでの旅行ですので食事内容は特に気になるところ。

プリシアリゾートヨロンで頂けると朝食についてお伝えします。旅のはじめの朝ごはんが美味しいと気分いいですよね。旅行の楽しみは食事と言っても良いでしょう。ホームページに加えて、より雰囲気を共有できると良いと思いましたので紹介します。

プリシアリゾートヨロン ホームページ https://www.pricia.co.jp

与論島のホテル「プリシアリゾートヨロン」はマッタリできていいですぞ!※画像多数あり※

2018.05.09

与論島 唯一の空港「与論空港の施設」

2018.05.08

朝食レストラン

ホームページでは、レストランといった項目で4つの会場が紹介されていますが、朝食が食べられると会場は「ヴィーナス」になります。

朝食利用料金  大人(12歳以上)1500円、小人(6歳〜11歳)1200円。

「ヴィーナス」は本館内にあるレストランになります。ギリシャの街並みを意識してあるところだけあって素敵な雰囲気です。白と青を基調とした爽やかな外観です。

店内も白と青を基調にした光溢れる開放的な空間です。

テーブルの雰囲気もオシャレ

開放的な空間で郷土料理を取り入れた和洋ブッフェが楽しめます。

テーブルは二人がけのサイズのテーブルをお客さんの人数に合わせて調節してくれます。お人数の利用も対応してくれます。だいたい、最初のフォーメーションは平均的には大人4から6人くらい座れるような形です。

写真を撮る取り忘れちゃいましたが、「子ども用椅子」も準備されています。

幼児が座れるイスも用意されており、ファミリーの利用も安心です。


食事メニューは?

ブッフェスタイルで毎日メニューが少しずつ変わります。和食、洋食、郷土料理と様々な食事が楽しめます。

一部の写真です。とってもメニューも多く、とても少しずつでも全種類は食べ切れませんでした。

ドリンクメニュー

島ならではのパインジュース、オレンジジュース、シークワーサージュースが毎日あります。

また、島の牛乳はコクがあり、風味もまた豊かで美味しいです。

定番どころのドリンクメニューは揃えられている様に思います。


 

天上も吹き抜けになっておりとっても開放感のある朝食会場で、気分も晴れやかになります。食事も美味しくて気持ちよく一日を始められます。幼児の対応もされており、家族みんなが利用できるよう親切な朝食会場です。

とにかく料理はハズレ知らず!

郷土料理「鶏飯」

その中でも特に食べていただきたいのが

奄美半島での郷土料理の「鶏飯

鶏飯はほぐした鶏肉に薬味をかけ、鶏出汁をきかせたスープをかけて食べるお茶漬けの様な郷土料理。出汁はお店によってあぐー豚でとっていたりと工夫されています。

この「鶏飯」はあっさりしつつもコクがあり朝に丁度いい。また、旅に疲れた胃腸にも優しく、栄養補給ができる。時に、紅生姜、柚子胡椒で薬味をピリリと効かせて食べるのもまた美味しい。

ごちそうさま!の後部屋に戻る間に、すぐに戻って食べられる位に食べやすさと美味しさを兼ね揃えている素晴らしい郷土料理です。

ぜひ、「鶏飯」は食べるべきでしょう!


まとめ

朝ご飯メニューは和洋・郷土料理のブッフェスタイルです。いつもの朝ごはんが食べたい方、旅行先のならではのお食事を食べたい方、幅広いニーズに応えてくれる朝食に大変満足!子連れののお客さんにも配慮されており、気持ちよく過ごすことができる空間でもあります。中でも鶏飯は絶品です!ぜひ、召し上がってください。

 

外食の時に役立つ、便利グッズはこちら

 

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。