スポンサーリンク

いつのまにかすっかり秋めいてきて、日中も過ごしやすくなってきました。

我が家のお嬢ちゃんは1歳5か月ですが、やたらとテレビに出てくる動物を指さして興奮しています。

動物園もいいけど、連休があったので、ちょっとあし伸ばして富士サファリパークに行ってきました!

調べてみると、ライオンの赤ちゃんと触れ合えるらしい!これは行きたい!

富士サファリパークの概要

富士山のすぐ見える所にあり、動物がたくさんいます。園内はサファリゾーンとふれあいゾーンに分かれいます。サファリゾーンでは、世界中から集まった動物達がのびのびと生活しており、専用バスやマイカーで園内を回ることができます。ふれあいゾーンでは、動物たちに餌をあげたり、触ったりすることもできます。

住所:静岡県裾野市須山字藤原2255-27

HP:http://www.fujisafari.co.jp/

料金:昼のサファリ 大人¥2,700 小人(4歳~中学生)¥1,500 シニア¥2,000

ナイトサファリ 大人・小人¥1,700

駐車場料金:無料

注意
詳しい情報はHPを参照してください!

入園料をお得にする方法

普通の動物園と比べると、結構高いです!しかもバスに乗るのに¥1,300かかったり、ライオンの赤ちゃんと写真を撮るのに¥600かかり、動物にエサをあげるのにも1回¥100~200かかります。

そこで、おすすめなのが、富士サファリクラブに入会することです!事前登録が必要ですが、会員1名に対して、10名まで入園割引が利用できます。なんと、1人¥600も割引きできちゃうんです!(昼のサファリの場合)しかも、年会費・入会費は無料です!ただし、登録して割引が利用できるにはカードが発行されていないといけないため、1週間ほどかかってしまうそうです。我が家は、二日前に行くことを決めたので、当然間に合いませんでした。なので、早めに行くことが分かっている方は是非申し込んだほうが、お得だと思います!

急遽行くことを決めた人におすすめ!割引サービスがあります!

スマホから、サファリパークのホームページに入って、「お得な情報」というアイコンを押すと、割引クーポン券があり、これを当日入園料を支払うときに見せれば大丈夫なんです。1人¥300の割引でした。ただし、我が家はこのことを知っていたのにもかかわらず、利用しませんでした。サファリパークでは、車で入場し、駐車場に入る際に入園料を支払います。ふつうは、駐車場に一回車を停めて、降りてから動物園に入る際に、お金を払うことが多いですよね?なので、すっかり忘れてしまったのです。いやいや、ほんとに残念です。



富士サファリパークに行くのに、日帰りでも行けなくはないけど、せっかくなら泊まりで行きたいってことになり、急きょ泊まるところを探しました。いつもじゃらんを利用して探すのですが、子供が小さいので、できれば和室の部屋がいいな~、夜ご飯は付いているとありがたいな~と思いながら探しました。でもできれば安いところがいい!で、出てきたのが旅館明石です。

12019 / Pixabay

旅館 明石

周辺施設には富士山や白糸の滝などがあるので、観光の拠点に利用できます。旅館から、富士山を眺めることができます。また、インターネット無料・洗濯機乾燥機無料 で利用できるので、お仕事での利用もおすすめです。

住所:静岡県富士宮市上条1070-1

HP:http://www.minshuku-akashi.com/

料金:¥6,800~

詳しくはHPや旅行サイトを確認してください。

 

じゃらんで探した時は、素泊まり・夕食のみ・朝夕食あり、のプランがありましたが、朝ごはんはなくてもいっか~と思い、夕食のみのプランにしました。税抜ですが、1人¥5,800!食事つき、共同ですが風呂とトイレもついてのこのお値段は安いですよね~!

富士サファリパークから30分くらいのところで、前日で予約ができて、和室があって1人1万円以内のところってあんまりなくて、ここともう一か所くらいだったんです。そこで、こちらの方が料理の評価がよかったのでこちらにしました。

高速の新東名の新富士ICで降りて、およそ30分のところにあります。インター降りてから富士宮駅近くにイオンがあったので、そこで夜食や朝ごはん、飲み物などを買いました。

泊まるところの近くは道が細くなっており、徒歩圏内では何ってないので、コンビニとか買い物行くのは着く前に行っておいたほうがいいと思います。高速から旅館までの道中ならコンビニなどはありました。

 

「旅館 明石」と玄関に大きく書いてある建物があります。建物は古いです。

中に入ると、若い女将さんと、2歳くらい?の男の子がいました。とても感じのいい方でした。

旅館、というよりは民宿といった感じです。2階建ての建物で、2階のお部屋に案内してもらいました。

お風呂は男女分かれているのですが、今日はファミリーが私たちだけ、ということもあり、「女湯を家族風呂として利用してもらってもいいですよ」とのこと。これはとてもありがたかったです!いつも私一人でひーひーしながらお風呂はいるので、なかなかゆっくりは浸かれないですからね。いつも大きいお風呂に入るときは怖がって泣いてしまっていたお嬢ちゃんですが、今回は泣かずに、ご機嫌でお風呂に入ってくれました。ちょっと成長したな~とうれしく思いました。

お部屋は8帖の部屋です。布団があらかじめセットした状態で畳んであり、その上にタオルと浴衣がおいてありました。テレビ・湯沸しポット・お茶セットがありました。事前に調べた時にお湯があるか分かりませんでしたが、あると分かっていれば、朝ごはんにスープでも買えばよかったな~と思いました。それでも、滞在中に暖かい緑茶が自由に飲めるのは有難かったです。

洗面所とトイレは共同です、各階にありました。あと冷蔵庫も共同ですが、自由に使っていいとのことでした。買ってきた飲み物や朝ごはんを入れておきます。感動したのが、洗面所のところに、オムツ専用のゴミ箱があったことです。普通の旅館でもなかなかないですからね。

夜ご飯は、広間でいただきました。はっきり言って、値段が値段なので、全く期待していませんでした。というか、期待するほど値段を払っていないからです。だけど、とっても良い意味で期待を裏切ってくれました!

どど~ん!むむ?!普通に美味しそうです。しかも焼き物もある!

量は多くないですが、マグロのお造りとても美味しかったです、中トロ?てくらい脂が載っていました。焼き物はバター風味で、エビ・ホタテ・キノコ・にんじん・じゃがいもがありました。

そしてご当地B級グルメで有名な富士宮やきそば!とカニの味噌汁です。焼きそばはコシがあり、カニの味噌汁は、たっぷりカニのお出しが効いていました。カニの身も、出汁にされているのに、味が濃くて美味しかったです。お嬢ちゃんのご飯は一緒に食べればいいと思い、そもそも頼んでいなかったのですが、子供用の取り皿は用意してあるし、味噌汁まで出してくれました。味噌汁大好きなお嬢ちゃんはごくごく飲んで、ついでにカニまでたいらげました。(身は親が取りましたけどね)

ご飯とお茶・お水はセルフサービスで、追加の飲み物は注文、という形式でした。

さくら海老のかき揚げは揚げたてを出してくれます。これもあつあつ、サクサクで美味しい!

料理はどれも美味しく、量も十分ありました。足りない人でも、ご飯がお代わり自由なので、満足できるのではないでしょうか?旦那さんと、「ご飯が期待以上だね!」と喜んでいました。

また、おそらく女将さんの子であろう2歳くらいの男の子が、ちょくちょく女将さんの後ろをついて歩いていたり、廊下で遊んでいたりして、子連れの我が家からしたら微笑ましい様子でした。

建物は古いですが、きれいに掃除してあるし、トイレやお風呂もすごく綺麗でした。

観光客とは別に、工事関係の方が宿泊として利用されていました。そのためか、漫画がたくさん廊下にありました。旦那さんは普段読まないジャンプを読んでいましたよ。

Alexas_Fotos / Pixabay

欠点としては、建物の古さのせいだと思いますが、虫がちらほら廊下などに入ってきていました。そのためか、殺虫剤が廊下に常備されていました。あと小さいアマガエルも、廊下で見かけました。私は虫もカエルも苦手ですが、キャンプに行ったらこんなもんの非じゃないのでそこまで気になりませんが、「絶対無理!」という方にはオススメしません。

ここの旅館のおすすめは富士山の絶景ですが、私たちの部屋からは見えませんでした。しかし廊下から見えるポイントがあります。しかも廊下から外に出ることもできます。ただ、あいにくの天気で、富士山は見れませんでした。朝方ちょっとだけ見れたのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

しかし、帰りに富士山の写真をくれました。

ここまで書いたら長くなったので、富士サファリパークについては次回記事にしたいと思います!

 

まとめ

ここ明石は、旅館、というよりは民宿という感じです。女将さんの人柄はよく、子連れへの配慮もとてもいいです。天気がよければ富士山を眺めることができます。宿泊料金もとても良心的ですが、料理の味は本格的です。富士山周辺の観光目的に利用するにはとてもいい場所でした!

また富士山周辺に行く機会があればぜひ利用したい場所です。

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。