登山とハイキング、トレッキングの違いってなんだろう?

スポンサーリンク

そといこまい!外へ行きましょうの方言です。

 

山登りすることを「登山」と呼ぶと思うんですが、登山コースの中には、「ハイキングコース」や、「トレッキングコース」等の表記があります。また、登山靴のことを「トレッキングシューズ」なんて呼びますよね。今まで「登山」って言っていましたが、それって言葉的に合っているのだろうか?

そもそも語彙力がないんで、気になって調べてみました。

 

登山とは

山に登ること。山登り。主に頂上を目指して登ることをいう。山の高さは関係なく、雪山や舗装された山でも、日帰りでも泊まりでも、大きく登山という。歴史的には宗教的な意味や、戦争などの必要性から山を越えることであったが、現代ではスポーツや娯楽として行われることがほとんど。

 

ハイキングとは

自然の風景や歴史的な景観を楽しむために野山をあるくこと。一定のコースや距離をあるくこと。服装は軽装であることが多い。ウォーキングともいう。山に限らないため、平坦地が中心となる。

 

トレッキングとは

山歩きのこと。山の麓を歩いて景色などを楽しむことをいう。登山のように山頂にこだわらず、山の中を歩くことを目的としている。しかし、山歩きの過程で、山頂を通過することもある。日本では、軽登山をさす場合にも常用される。さらに、川に沿って歩くリバートレッキングや、雪山を歩くスノートレッキングともいう。また、歩行に限らず、マウンテンバイクやロードバイクで山を走ることもトレッキングと呼ばれる。

 

 

なるほど~、山に登ることの大義として、「登山」という言葉があるようです。特に山頂を目指して登ることだそうで、私の使い方は間違っていなかった!よかったです。

 

色々調べてみると、山歩きにも名称があるようです。

 

夏山高山縦走 2000~3000m級の稜線漫歩。高山では森林限界を超えているので背が高い樹木は生えていない。そのため、背の高くならない高山植物が植生している。見晴しが良い。
スノーハイキング 雪山を楽しむ、「スノーシュー」を履いて歩く。平坦な雪原の上で、気軽に楽しむもの。
低山ハイク(春~秋) 水平・垂直指向で長い期間楽しめる。
里山ウォーク(春~秋) 山麓に残る歴史の道や懐かしい里山風景などを、コースタイムにとらわれずに楽しむ。
渓流ウォーク 山間の清流をたどる歩き。時には水中を歩く沢登りのこともいう。

 

子連れには渓流ウォークとか、スノーハイキングはハードルが高いですね。「登山」にも色々種類があるのを知れてよかったです。

これから暑い季節になるので、夏山の高山は興味があります!だって涼しいですもの。でもあんまり無理はしたくないので、車である程度行けるところ、ロープウェーがあるところがいいですね。

でも標高が高いと高山病になるとか聞くので、注意が必要ですね!

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。