抱っこして欲しいけど抱っこ紐は嫌!な子どもの対策はヒップシートキャリアがオススメ

スポンサーリンク

こんにちは。よっさなです。

長男が1歳半になり、もうイヤイヤ期が始まって本当に毎日手を焼いています。

特に大変なのがタイトルの通り!

抱っこはして欲しいけど抱っこ紐は窮屈で嫌!!

これが本当にお互い大変。そんな子供の苦肉の対策をご紹介します。

 

ヒップシートキャリアがとても便利!

まだ歩く前は抱っこ紐に入れとけば大人しくなってくれたのに、歩くようになると歩きたい!でも抱っこして欲しい!と言う欲求が出てきます。

抱っこ紐であれば、肩と腰で支えてくれるので、そんなに重く感じなかった我が子も、腕のみで抱くとなるとなかなかの重量(ちなみに我が子は現在11kg)。しかも歩く前よりも体重は重くなるし。抱っこで両手が塞がると他に何もできませんし。

そこでたまたまヒップシートキャリアを使用している親子を見かけて、どんなもの?と思って検索したら出てきました。

ヒップシートキャリアとは?

正式名称は商品によって違うのでこれで合ってるかは分かりませんが、「ヒップシートキャリア」で検索すればたくさん商品は出てきます。

腰に巻く子供(赤ちゃん)用の腰かけ的なものです。

今まで腕のみの抱っこだと腕が疲れるし他に何もできませんが、これを使えば腰には負担がかかりますが、腕だけよりは楽です。両手を離すことはできませんが、上の子の手をつなくごとくらいはできます。

今ではこのヒップシートキャリアだけのものと、抱っこ紐とセットになっているものもあるようです。

まだ子供が赤ちゃんの頃にこの存在を知っていたら買っていたでしょう。これなら赤ちゃんの頃から幼児まで、長く使えそうです。お値段もそこそこしますが、毎日長く使うものなら決して高いものではないです。

 

歩きたいけど抱っこして欲しい子は

我が家のように、すでに抱っこ紐を嫌がるようなら抱っこ紐のセットは不要だと思い、ヒップシートのみにしました。

サイトによって値段のばらつきがありますが、Amazonでかなりお安く売っていたので買ってみました。

ヒップシート抱っこ紐ウエストキャリー,ベビーシート新生児ベビーキャリア子供腰ベルト抱っこ紐ポーチ4wayベビー用品 収納袋付き通気メッシュ夏出産祝い
Umlife

我が家はベビーアムールという会社の商品を買ってみました。この商品を選んだ理由はこちらです。

ヒップシートキャリを選んだ理由
  • 値段が安い
  • ポケットが大きいので財布やケータイが入る
  • ヒップシートキャリアのみ
  • 肩掛けの紐がある  

 

実際に使用してみて

実際に使用してみて、めちゃくちゃ便利です!

我が家は上の子も3歳でまだ手がかかるので、手をつないだりできるし、腕だけで抱っこするよりははるかに楽です!

ポケットも大きいので、財布とケータイと鍵とティッシュなどを入れて、他のオムツや水筒や着替えなどはリュックに入れておきます。

一番、子供が嫌がって座りたがらない、という状況になるのを心配しましたが、全然そんなことはなかったです。どこに行っても私はこれを腰に巻き、抱っこしては降ろしてを繰り返していますが、抱っこ紐のように着け外しもなく乗り降りができるので楽です。

抱っこ紐に比べたら、首とか肩は痛くなりますが、腕のみよりは外出が億劫でなくなりました。

3千円未満の商品でこんなにもヘビロテになるなら、もっと早く買っておけばよかったです。むしろ、もうちょっとお金を出していいやつにすれば肩とか腰は楽だったか?

ちなみに、3歳の子(12kg)もたまに使用しますが問題ないです。

sathyatripodi / Pixabay

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。