スポンサーリンク

マキタの扇風機を手に入れることでアウトドアシーン活用間違いなし!

パワーも十分!

マキタの小型扇風機の強さは自宅で使っている扇風機の中に匹敵します。

ただし!

マキタの扇風機本体にはバッテリーがついていません。自宅で使うように、コンセントにさしてサーキュレーターとして使うならばいいですが、そといこがメインで使いたいのはアウトドアシーン!

関連記事はこちら

【新規購入を検討】マキタの扇風機が最高の相棒になる気がしてならない。【考察】

2018.07.24

どこで使う?

そといこが使いたいアウトドアシーンは

使いたいシーン
  • 車の中の循環
  • キャンプいった時のテント、バンガローの時の涼
  • 車中泊をする時の涼
  • 外で友達とおしゃべりしている時の涼

 

と行ったところ。

子供がいる家庭では特に子供の体調が気になりますよね。この夏の猛暑でも涼を感じられるグッズは大活躍間違いなし!

本体だけなら、なんとか買えるんだけど…ね…?

そといこ
本体価格はまぁ、納得できる価格。

家でサーキュレーターとして活躍してもらえますし、さらにアウトドアに持っていけるとなれば。

さらには、世界のマキタ。

ならば、本体価格は妥当なようにも思います。

が、冒頭でも述べましたが、本体だけではアウトドアでは使うことができません。

アウトドアで使うとなると「バッテリー」が必要になるわけです。

そといこ
そのバッテリーの値段が・・・ね・・・?

 

バッテリーが高いんじゃ

マキタの扇風機には、ボルトごとに使える扇風機が異なります。

せっかく涼を感じるために買うわけですから、少しでもパワーがあるほうが有難いわけです。

となると、14.4v &18v対応の扇風機が好いと結論つけました。

で、容量が多いバッテリーになればなるだけ当然ながら値段も比例して上がっていきます。

車中泊、テント泊、等宿泊を念頭に考えているとバッテリー駆動は9時間程度もってほしいと考えています。

となると、ホームページから考えると、そといこが必要とするバッテリーは

 

18Vの6A必要だ

となるわけです。

そといこ
た・・・たか・・・い・・・・。

バッテリーはマキタ製品と互換している!

ご自宅にマキタの製品を持っている方であれば、バッテリーを使いまわすことができるのでよいでしょうか、残念ながらそといこはまだマキタ製品は掃除機しかもっていません。その掃除機とバッテリーが対応していない!という・・・。

 

そといこ
芝生でも生えてれば草刈機でも買うんだけど…。

マキタ充電式草刈機

そといこ
植木があれば、がーって切るのかうんだけど…。

マキタ充電式チェンソー

そといこ
<DIYが趣味なら、ドライバーとか…。

マキタ 充電式インパクトドライバー

といった感じでマキタ製品をもっているご家庭、あるいはマキタ製品を集めていこうかなって思っているご家庭であればもうサクッと買えるかと思いますが、そといこは該当なし。

バッテリーをどうにかできないかと思い立った次第です。

バッテリーもパクリ商品がありましたぞ?!

 

まずは純正品です。

18V6A

 

こちらは純正品であるため保証も間違いなし。
けど、お値段も・・なかなか購入に踏み切りにくいです。

そこで調べていたら見つけたのでご紹介だけします。

マキタの製品ではないため、オススメ!とすることはできませんが、互換性があります。

また、安全性もクリアしています。

9時間程度の稼働できる、互換性のあるパクリバッテリーはこちら

※純正品ではなく、互換性のある商品です

 

そといこ
数千円〜万円近くも差が開くなんて・・・すごい!

※値段は日によって変わるのでクリックして確認してみてくださいね。

純正とそうでないものでこんなにも値段が変わるならば、互換性のあるバッテリーの購入もありかもしれませんよね。

何か不具合があった時保証の対象外になってしまうので、純正品であるほうがいいにこしたことはないですが、値段を比較すると…ね…。悩ましいものがあります。

使うと言っても、数年がいいところでしょうし、純正品であっても保証期間の1年間を過ぎれば保証されないわけですし。

 

そういう意味では互換性のあるバッテリーを購入して出費を押さえるのも手かもしれないですね。

モンスターバッテリーも?!

マキタ純正のバッテリーの最強がこちら

これで、購入しようかと思っている扇風機が9時間稼働することができます。

 

アマゾンさんで18V9Aとなる大容量の商品も見つけました。

駆動時間は爆発的に伸びるでしょう!が、もしかしたら、バッテリー装着すると扇風機に干渉してしまって首振り機能が死ぬ?とってとして使う引っかける部分が死ぬ?かもしれません。

サイズ記載なし

と言ったところが互換性のあると謳っている商品の不安要素でもありますね^^;

安全に安心に安物買いの銭失いにならないようと思う方はお値段高くなりますが純正品を買うのも手。

 

商品としては魅力があるけど、値段を考えると手が出ない…数年、あるいは一夏だけでも乗り越えてくれれば…と思っている方は互換性のある商品を使うのも手。

 

ではないでしょうか。

 

充電器も互換性のある商品がある

 

純正

互換性のある充電器

 

 

充電器に関しては、全くと言っていいほど値段に差はなし。数百円のレベル。

ならば、ショップを変えたりするだけで変わりそうな気がする。

安全面も考えると、たかだか数百円ケチるほどでもなさそう。

そといこ
充電器は純正品を買ったほうが賢明かも

まとめ

本体から充電器、バッテリーまでフルセットの購入となるとなかなかの出費になりますよね。そんな時は、互換性のある商品を使うのも手かもしれませんね。自己責任ですよ!そといこは、自己責任で互換性のあるバッテリーを使ってみよう…かなぁ…。OマゾOさんでは互換性のあるバッテリーが2個つきでさらに安く販売されていました。そっちに手を出すかも…しれない…ぞ。

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。