与論島のホテル「プリシアリゾートヨロン」はマッタリできていいですぞ!※画像多数あり※

スポンサーリンク

はじめに

与論島旅行に行くことになり、ホテルが「プリシアリゾートヨロン」

ホームページでは伝わりきれない魅力!をお伝えします。

与論島は、離島ブームがあった時に都市開発がされたそうですが、そのブームはすぐに下火になったそうです。おかげで、リゾートホテルもある傍らで沢山の自然が残った、美しい景色を味わうことができます。

外周20km程度の小さな島なので、島に川がありません。なので、川から汚れが海に行くことがないため、透明度の高い美しい海中があります。珍しい海の生き物がいる反面、普段とは異なる生活環境で生きているからこそ、見られる生き物が限られるそうです。

与論島 唯一の空港「与論空港の施設」

2018.05.08

空港からプリシアリゾートまでどれくらい?

空港からホテルまで車で5分

プリシアリゾートヨロンが送迎してくれます。ホテルまでの途中、轟音が聞こえてきました。

滑走路の下がトンネルになっていて、そこを通るようになっています。

初めて、滑走路の下を通ったのでびっくり!



ギリシャを意識された外装

畑ばっかりなところからぬけてお洒落な、白と青のコントラスト!

ここがプリシアリゾート!お洒落な雰囲気たっぷりで、インスタ映え間違いなしです!

中も開放的で高級感あります。

ロビーもドドン!と広い。スタッフのアロハシャツ着と、鈍った言葉が癒されます。

 

プリシアリゾート ホテル内の売店の物販

何かフロントの人を見るとアロハシャツが欲しくなるんだよなぁ。

ロビーの隣に小さな売店があります。

ロビーから徒歩1分くらいのところに売店と、お土産ショップがあります。

「あぁ、アロハシャツ欲しいなぁ」と私みたいなニーズがあるんでしょう。

南国を感じさせるアロハシャツや与論島を形どったTシャツが販売されています。

是非とも入手したいものですよね。

「売店に軽食販売あり」と、売店に軽食の販売があるとWEBで見ましたが、具体的な内容は

不明だったため調査してきました。

お土産はかなり充実!

帰る当日などにお土産をかいこむことが多いと思います。帰る前にお土産を購入しておくと、トランクの中に荷物を詰めることができストレス少なく帰ることができます。

与論島にはいわゆる「観光」と呼べるスポットが自然になりますので、ここの売店でお土産を購入されることをおすすめします。

一つの記事にまとめると長くなるので、また後ほど記事にしたいと思います。

 

宿泊施設

エントランスをでると

ここから各コテージに向かうわけです。

部屋はメゾネットタイプになっており、一階と二階とで部屋が分かれます。時折、二階の方の物音が聞こえましたので、騒音が気になる方は前もって伝えておくと良いかと思います。

玄関は大きいとは言い難いですが、通行に不便はないでしょう。荷物を置くと通り抜けに難渋するくらいの一般的な玄関です。

ベッドメーキングまで白と青のコントラストの徹底ぶり!魚柄のシーツがとっても可愛くて、テンションが上がります。

ちょっとした小物も収納できそうです。愛読書、メモ帳、スケジュール帳を忍ばすのにちょうど良さそうです。

吹き抜けもあり日差しが差し込み、開放的で気分も晴れやかになります。

化粧をしたり、メモを取ったりするのに程よいサイズ間の机があります。

なんと空気清浄機まで全室完備

冷蔵庫も用意されており、一般的な一人くらしに使用するサイズ感。連泊にも困ることはありませんでした。

長期滞在される方が多いのでしょう。物干しがありました。そといこも使いました。強風による紛失予防のため、外での干す事は控える様お知らせがありました。

清潔な洗面台がありますが、ユニットバスタイプです。風呂トイレ別だとより快適なんですがここは残念ポイントですね。

シャワーの圧にうるさいダンナ・ハンも納得のシャワー圧!さすが日本!自宅の水圧よりも強く、快適です!

お湯の温度はお湯と水を混ぜて、自身で調節するタイプでした。

 

室内にはお湯を沸かすポットが用意されています。

南国ならではのさんぴん茶が用意されており、風情がありました。

注意
ホテルには各種部屋のタイプがあります。今回そといこでは、Cタイプのスタンダードの部屋でした。トイレと風呂が別の部屋もあります。

部屋からの景色が格別!

オーシャンビュー!目の前がビーチ!

オーシャンビューの庭はポイント高いですよね!

注意
部屋によってはオーシャンビューではありません 

ホテル敷地内は快適

ホテル敷地内は宿泊者が快適に過ごせる様に様々なサービスが充実しており、長期滞在するのにとってもオススメです。

ゆったりと散歩ができる

ホテル内は車両通行禁止となっており、安心して散歩することができます。植物もたくさんありますので、のんびりした気持ちで過ごすことができるのもとっても魅力的です。

遊歩道の中で時折、自動販売機があります。

24時間利用ができ夜中の水分補給に助かりました。

長期滞在に便利だ!

長期滞在となるとどうしても衣類がかさばりますよね。洗濯するのにも手洗いでは負担・・・。ですが、プリシアリゾートでは洗濯機が用意されています。

乾燥機まで準備されているので天候不良など気にせずに洗濯することができます。

洗濯機300円、乾燥機15分/100円とリーズナブル。

ちなみに、洗濯機、乾燥機も毎日掃除されており気持ちよく利用することができます。

プリシアリゾートヨロンのHPはこちら↓

https://www.pricia.co.jp/information/

グッときたサービス

  • 空港からホテルまで送迎してくれます。送迎時には荷物と、お客さんが別々です。荷物を持つ煩わしさが解消されます。

送迎車への荷物運びは運転手さんがしてくれました。マニュアル化されてないでしょうが、こういった気遣いをしてくれるスタッフがいるのがとっても心強いです。

  • ベビーカーの貸し出しについての問い合わせをしたところ、施設内のベビーカーを確認して応えてくれました。(館内確認してから折り返し電話頂いた程「ベビーカーはありますが、首が座ってない子供が使用できるベビーカーはない。二台は必ず用意しており、全てがなくなることは少ない。」)親切丁寧です。
  • シャワーの水圧もしっかり。水圧の強さにこだわりを持つダンナ・ハンも満足。

家のシャワーより水圧が強いくらい。流石、離島といえど日本

注意すること

木や花が多くあって、景観はとてもいいのです。しかし、それに伴って虫もたくさんいました。蝶やバッタなどは、子供達が自然と触れ合う、という意味ではとてもいいのですが、もたくさんいました。我が家の長女は蚊の餌食となり、たくさん刺されてしまいました。売店に虫よけは売っているのですが、刺された後に塗るものは販売されていませんでした。暖かい時期に行くなら、虫対策は必須です。

まとめ

プリシアリゾートはギリシャを意識されたホテルで、とっても美しいです。また、スタッフも和かでサービスも行き届いています。乳児、幼児といった小さいお子さんがいる家族も楽しめる気持ちよく利用できる、優れたホテルです。ただし、虫対策は忘れずに。

ロケーションも最高でまったりと島の雰囲気を味うのもいいです。

与論島に来た時には是非利用してみてください。

 

子連れ旅行にはこんなグッズがあると便利です

 

 

 

 

<script type=”text/javascript”>rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”147a27e1.f4336698.147a27e2.6d3af3b9″;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”468×160″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”on”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”on”;rakuten_ts=”1525762167799″;</script><script type=”text/javascript” src=”https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js”></script>

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。