親子で初めてのキャンプ!何が必要?初心者が知っていると良い豆知識は?

スポンサーリンク

 初投稿 2017.6.18

そといこまい!外へ行きましょうの方言です。

つ、ついに、ただいま我が家での初キャンプを計画しております。

まだキャンプ場でのキャンプはしたことがありません。外でご飯を食べるとか、車中泊をするくらいです。

まだ夜の涼しい、しかも梅雨なのに雨が降っていない、今が絶好のチャンスです!

 

ただ、今回初のキャンプなので、何がいるのかよく分かりません。てこで、何が必要なのか?ご飯はどうするのか?初心者が知っていると良い豆知識は何か?色々調べて、そといこまい的なプランを立てたいと思います!(私の備忘録として、、、)

 

ちなみに、我が家のキャンプと言っても、テントはポップアップテントのみで、寝床は愛車(ハイエース)です。なかなか小さい子供(1歳)を連れてのキャンプって、ハードルが高いですよね?だからこそ、我が家では「お手軽なキャンプ」をモットーに、気楽にやってみたいと思います!

 

geralt / Pixabay

① まずはキャンプ場探し

  • 子供がまだ1歳なので、できれば芝生があるところ
  • お風呂が近くにある(なくてもシャワーがある)
  • 近くまで車の乗り入れができる(車中泊のため)
  • 炊事場がある
  • トイレがある
  • キャンプ場の選び方について、慣れていない人は片道2時間以内がいい!(運転だけで疲れてしまうため)

今回は、静岡県磐田市にある、「竜洋オートキャンプ場」にしました!(記事はこちら

 

② キャンプ場を予約する

電話なり、インターネットなり、そのサイトに準じて行う

 

③ キャンプの準備はすべて前日に行う

買い物も当日よりも前日に済ませておいた方が楽、食材の下準備、積み入れる荷物も準備しておく(当日に行うと時間がなくなる、忘れ物する)

ただし、食材の準備に関しては、ゴミが捨てられる、チェックインの時間が早い場所なら、現地で準備でもOK!

 

Alexas_Fotos / Pixabay

⑤持ち物

最低限いるもの:寝る寝具一式、イス、テーブル、レジャーシート(子供がごろごろできる)ポップアップテント、ランタン、クーラーボックス

調理関連:ストーブ、カセットコンロ、クッカーセット、鍋敷き、しゃもじ、お皿、コップ、スプーン・フォーク、ゴミ袋、ドライネット(食材の虫よけ、食器を乾かす)キッチンバサミ、包丁、まな板、キッチンペーパー、お手拭、トング

火起こし:BBQコンロ、炭、着火剤、チャッカマン、うちわ、軍手、炭用トング、炭用アルミホイル

食材:調味料(塩コショウ、焼肉のたれ、レモン汁、油、オリーブオイル)焼肉用の肉(豚バラ、カルビ、牛タン、鶏肉、トンチャン、ウインナー)野菜(キノコ、キャベツ、玉ねぎ)米、アヒージョ(素、エビ、キノコ、ブロッコリー)、味噌汁(インシスタント)、飲み物、水

虫よけ:虫よけスプレー、蚊取り線香、蚊取り線香ホルダー、かゆみ止め

お泊り関連:着替え、寝まき、タオル、風呂セット、化粧品、歯磨きセット

子供関連:母子手帳、靴下と靴、帽子、よだれかけ数枚、上着、ソープ、タオル、着替え、オムツ、おしりふき、ストローマグ、おやつ、おもちゃ、抱っこひも

その他:ビニール袋、汗拭きシート、帽子、サングラス、カバン、エクストラのストロングフック

 

⑥服装

帽子、半ズボンとTシャツ、サンダル、汗拭きタオルを首にまく。寒くなった時&日差しが気になる時用で長袖パーカー、長ズボン、靴下とスニーカー

 

⑦スケジュール&食事メニュー

1日目 朝 自宅で軽く食べる、早めに出発

昼 (途中の公園などで)おにぎり、レトルトの味噌汁、煮卵

キャンプ場へチェックイン!

夕方までにお風呂を済ます

夜 BBQ:焼肉、焼き野菜、エビ、アヒージョ

2日目 朝 ご飯を炊く、レトルトの味噌汁、ウインナー、昨日の残り物があればそれを食べる

片付け&チェックアウト

昼 周辺施設または帰り道で外食(海鮮が希望)←食あたりのため中止

 

⑧ 初心者が知っているといいかもしれない?豆知識

  • クーラーボックスは、地面に置くと地面の熱を吸収して暖かくならため、直接置かない。開け閉めで冷気が下がるため、クーラーボックスの底に保冷剤を入れる。
  • 水道水を入れたペットボトルを冷凍しておいて、保冷剤代わりにする(保冷剤を買わなくても済む、解けたら調理用の水としても使える、手を洗うときにも使える、気軽に捨てれる)
  • 食材の調達は道の駅や、キャンプ場近くのスーパーで買えば旬のものを味わえる(下ごしらえは大変になるけども)
  • 食材は自宅でカット、調理しておくと、当日焼くだけ、煮るだけで済む。ジッパー付き袋に入れればさらに荷物は小さくなる!(野菜の皮などのゴミも減らせる)
  • 当日のお昼はおにぎりなどの軽食にする。(昼が質素だと、夜ご飯がさらに美味しくなるはず!)
  • 調理器具、・調味料、・お皿やコップ、フオーク  それぞれ違う袋またはケースに入れておくと使うとき分かりやすい、しまうのも楽
  • 米は1合ずつ小袋に入れる、無洗米だと洗わなくて済む、または洗って持っていく(要冷蔵)
  • ミニスコップがあると便利  (炭の処理、テントの設営など)
  • 日よけや子供の遊び場にポップアップテントがあると便利
  • ドライネットがあれば、食器は拭かずに自然乾燥できる
  • コンパクトなウエストバッグ、ショルダーバッグがあれば、大切な財布、ケータイ、鍵だけを入れて、つねに体にフィットさせる
  • 鍋敷きがあると、お気に入りのテーブルを焦がしたりすることなく使える(シリコン製なら鍋つかみの代用としても○)
  • BBQや、焚火の火で服が汚れる&穴の開く可能性あり、汚れてもいい服&化学繊維じゃない服が良い
  • ランタンは2つ用意し、より明るい方を遠くにすると、そちらに虫が集まる。自分たちのそばに置くものはやや暗めの物をするとよい
  • 初めての時は、キャンプ道具全てを初めに揃えようとはせず、レンタルする。(レンタルの充実したキャンプ場が良い)

 

 

まとめ

いかがでしたか?調べるだけでも、キャンプって、準備&荷物がたくさんありますね!これはキャンプ行く前に記事にしておいてよかった、、、。

(キャンプのベテランさんからしたら、当たり前のことしか書けてないかもしれませんが)

まあ初めてだし、車での移動なので、準備は余分なくらいしといたほうが良いでしょう!行ってから、「これはいらない、あれはいる」てことがあれば随時編集していきたいと思います。

何はともあれ、キャンプ行くのが楽しみになってきました~!

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。