五井山 、子連れ登山、海と町が見える山頂(登山第6回)

スポンサーリンク

 初投稿2017,6,6

そといこまい!外へ行きましょうの方言です。

 

本日は、愛知県豊川市・蒲郡市にある、五井山に登山してきました!

五井山への登山口はたくさんあるみたいですが、今回は、宮地山経由の五井山へ行ってきました。

登山するようになってからよく思うのですが、登山口って分かりづらいです。事前にネットで調べて行くのに、やっぱり分からなくて、一回は通り過ぎることもしばしば。

なので、宮地山なら行ったことがあるので、そこから行けばいいじゃん!てことで、この登山口にしました。(宮地山へ行った記事はこちら

にしても、もう少し、山の登山口が分かりやすいといいですねー!

でもお店じゃないから、そこまでする必要もないのかな?

 

五井山(ごいさん):愛知県蒲郡市と豊川市の境界に位置する山である。標高454.2m。東端の宮路山から五井山までの山塊は、「宮路山脈」と呼ばれている。かつては電波塔があり、ランドマークになっていたが、現在は取り壊されている。三河湾と渥美半島・知多半島の展望が素晴らしい。

(wikipediaより引用)

 

今日は平日で、朝早かったためか、宮路山の駐車場は我が家が初でした。さてさて、お嬢ちゃんを背負い込みます。

7:20 出発

駐車場から宮路山までの道のりは、決して長くないんです。なのに、結構登り階段がきついんですよね~。

7:35 宮路山山頂と、五井山への分かれ道。今回は宮路山は割愛します。

五井山へのルートは、案外平坦な道が多いです。しかも初めから降りも多いです。

7:37 見晴らしに良いところへ来ました。残念ながら、ここから山頂までは展望の良いところはありません。

こんな感じで降ります。なんか、山頂に着く前に降るのってもったいない気がしてしまいます。

7:50 どどーんと木が倒れていました。

さあ!登りだ!

と、思ったらまた平坦な道~。

8:05 五井山山頂まであと35分!ちなみにこの案内は倒れています。

8:25 山頂まであと18分!

8:33 林道に出ました。この案内は、ちょうどあと何分のところが見えませんでした。

8:34 このまま林道か、森の中を歩くかの分かれ道があります。我が家はこのまま林道へ。

8:37 山頂まであと5分!

ここにも林道と森の中の分かれ道がありました。我が家は森の中を行きましたが、このまま林道でも山頂に行けたようです。

おっ!出口が見えてきました!

8:40 山頂に到着!

三河湾と、蒲郡の街並みが見えます。そしてさらに奥には渥美半島が見えます!

こちらには知多半島が見えているはず!?

かつてはここに電波塔があったようです。今は囲いだけが残っています。

今日は蜂がブンブンしてて怖かったです。どの山にも共通しますが、蜂には本当に注意しないといけませんね。とくにスズメバチは危険です!

少しだけ、イスやテーブルが置いてあります。お嬢ちゃんに遅めの朝ごはんを食べさせてから出発です。

 

9:05 下山開始

向かうときに降りがあったため、帰りといえど登る箇所がところどころあります。

10:15 駐車場に到着

宮路山駐車場に着くと、整備されている方々がいました。ここのトイレはきれいです。こうやって道路や駐車場、トイレをきれいにしてくださる方がいるため、登山者も気持ちよく登山することができるんですね!感謝です。

 

登り 1時間20分

降り 1時間10分

 

まとめ

宮路山からの五井山ルートは、子連れでも片道1時間~1時間半くらいで登山できます。急な斜面や危険な場所も特にはないので、初心者の方や、子連れ登山の方にも気軽に登ることができます。低山のわりには、街や海が展望できる山です。

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。