[晴れの日におすすめ]のんほいパーク、のんほいサーキットをサーキット初心者が体験してきた

スポンサーリンク

こんにちわ。そといこです。

朝晩は冷えますが、日中天気が良ければ暖かくてまだまだ外遊びを満喫できそうです。

子供は動物園大好き!

それに動物園は割と入園料がリーズナブルで大人も嬉しい!

なので動物園大好きな我が家です。

自分の親は割とサーキットが好きです。鈴鹿サーキットや新城ラリーなんかも見に行ったりしてました。そして、なんと動物園にサーキット体験ができる施設があるらしい!

動物園で孫を楽しませ、なおかつ自分も楽しみたい!とのことで、のんほいサーキットへ行ってきました。

のんほいパークは以前記事を書いたのでこちらをどうぞ

のんほいパーク、愛知県豊橋にある動植物園

2017.07.21

のんほいサーキット

動物園の入園料を支払ってから入ります。併設されている遊園地の敷地内にあります。

豊橋出身の元F1レーサーの山本左近さんが監修をしています。本格的なモータースポーツを楽しむことができます。

山本左近さん曰く、日本ではモータースポーツにおいての知識や興味がヨーロッパに比べると低いそうです。それは子供の頃からモータースポーツが身近にないからではないかと考えた様で、子供から大人まで楽しめるモータースポーツの体験できる場所をつくり、身近なものにしたかったと話されています。

営業時間:平日13時〜20時 土日祝9時〜21時

定休日:月曜、火曜日(祝日の場合は営業)

入園料:大人600円 小中高生100円

駐車場:1日200円

1回券(8〜12周):1000円

11回券:10,000円

この建物の中へ入ります。

のんほいサーキットの実際

まずは、お金を支払う前に店員さんへ声をかけます。

ただのゴーカートとはわけが違うので、まずはビデオを見て、誓約書などを書いてからの参加になります。

子供は小学2年生で120㎝以上から参加できます。

スピードが出る乗り物のため、色々とルールがあります。

我が家の子供はまだ乳幼児なので、見学します。レースの周りにはイスや、カフェもあり、レースを見学できる様になっています。ちなみに、カフェは平日は夕方からしか開いていないですが、店内の椅子に座って見ることができます。

ヘルメットは無料で貸してくれます。ただし、別途マスクカバーの購入が必要です。100円の使い捨てか、600円の布製のものです。

ダンナ・ハンと、じいじが走行します。

カートには、初心者から上級者までのランクがあり、初心者はスピードがセーブされています。ランクが上がると、スピードが出せる様な仕組みになっています。

グレードA〜Dまであります。

そして、1週ごとにタイムを測定してくれます。

ちなみに、初心者2人が走ってみましたが、グレードBには届かなかったです。

 

のんほいサーキットの感想

見ているよりも、運転している本人のスピード感はものすごくあります!そしてコーナリングはなかなか難しい!

1回1000円は高いですが、他のサーキット場に比べれば少し安いそうです。でも入園料や駐車場料金もかかるので、サーキットだけだとそんなに安くないかもしれません。

たまにやるのにはいいですが、趣味としてしょっちゅう走るのには高いですね。

ただ、ここのメリットは、動物園と遊園地があることです!サーキットだけ目的の人にはいらないかもしれませんが、お父さんやおじいちゃんが子供を遊ばせつつ、自分もちょっと楽しめるのが魅力ですね!

サーキット初体験の我が家の男性陣はとても満足げでしたよ。

また家族で動物園に来た時には「ぜひ走りたい!」とのことでした。

 

↓↓  他の方のブログも参考になります ↓↓ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

2歳の娘、0歳の息子の母。愛知県三河地方から東海エリアを中心にお出かけ情報を発信して行きます。初キャンプは2017年から。キャンプ、登山、釣り、子育てについてブログ更新して行きます。